1. HOME
  2. 起業・開業サポート
  3. 飲食店の開業

飲食店の開業方法

ここでは、飲食店開業にあたり準備しなければならない基本的なことをご紹介いたします。

飲食店の開業に必要なもの

1.必要な資格と申請

①食品関係営業の許可申請

飲食店を開業するには、保険所に食品営業の許可申請をする必要があります。
ただし、取り扱う食品の種類や営業形態によって様々な種類があります。

②食品衛生責任者の資格

開業資格としては、食品衛生責任者の資格が必要です。
店舗ごとにこの資格を所有している人材を置かなければなりません。

食品衛生責任者の資格は、保険所にて決められた講義を受け、試験に合格することで取得することができます。

2.開業資金の準備

飲食店を開業するにあたり、店舗物件の確保、什器類の購入、食材の仕入れ、広告宣伝費など最低限必要な費用でもかなりの金額になります。

資金調達の方法としてオススメなのが、日本政策金融公庫による創業融資です。
開業当初の実績がない方や担保のない方にもお金を貸してくれますので、開業をする多くの方が日本政策金融公庫のお世話になっています。

ただし、誰にでもお金を貸してくれるというわけでなく、もちろん返済の目途のある人に限ります。
では、どのように返済の目途があることを証明したらよいのでしょうか?

事業計画書というのはお聞きになられたことがあるかと思いますが、お金を借りる際にも事業計画書を作る必要があります。
どのような事業を行い、どれくらい儲けが出るかを表すものです。
この事業計画がどれだけしっかりとしたものであるかによって、融資金額やそもそもお金を貸してもらえるか否かが決まるのです。

なお、当事務所では定期的に日本政策金融公庫の担当者が事務所に来て「無料相談会」を実施してくれます。
また事業計画書作成のお手伝いもしております。
お気軽にお問合せください。

3.出店戦略を立てる

ここまで営業許可や事業計画など用意すべきものがあると記載いたしましたが、実はもっとも必要なものは出店戦略です。
どのような客層をターゲットとするのか?ターゲットにあった立地はどこなのか?から始まり、集客はどのように行うのか?適正な料金はいくらなのか?コンセプトは?などなど決めなければならないことがたくさんあります。

飲食業に限らず、開業をしたいという方で失敗する方というのは、この出店戦略が曖昧な場合が大半です。
美味しい料理だけがあれば口コミで広まるというのは、幻想とまでは言いませんが、非常に難しいです。口コミで広めるためにも、何かしらの仕掛けをしています。

せっかく挑戦するにですから、なんとしてでも成功していただきたいというのは私どもの想いです。

初回のご相談は無料です。
飲食店開業をご希望の方は、動き出す前にまずはご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

zyosei2.PNG

事務所紹介

代表プロフィール

スタッフ紹介

料金表

お客様の声

ご支持いただいている理由